RUE DE PASSY


リュードパッシーは 東急東横線の学芸大学駅にあるフランス菓子店 です。

クラシックを基調とした モダンテイスト の お菓子。チョコレートマカロンの他に 伝統的なものの中に新しいテイストをいれた「楽しめるコンフィズリー」
また、フランス産小麦を使って焼き上げた 焼き菓子の詰合せ大切な方への贈り物 として喜ばれております。

サロンでは
自家製のショコラショーヴァンショー 、季節限定のクープグラッセも 楽しめます。ケーキやパンなどももちろん サロンでお召し上がりいただけます。(イートインスペースは小学生未満のお子様連れでのご利用はご遠慮いただいております。)

皆さまのご来店をお待ちしております。

2015年6月29日月曜日

大切な焼菓子

焼菓子は一見、地味に見えます。

ただ、大切なひとへの贈り物になる」ことも多いので

丁寧にそして大事に作っています。

以前に紹介したケイク オ フリュイは最初の10年位は自分で仕込んでいた程です。


このフィナンシェも大切に守ってきた味があります。

フィナンシェの味の決め手、ブール・ノワゼット(焦がしバター)です。

バニラを入れぎりぎりまで焦がしたブール・ノワゼット。

これだけは今も自分の手から離せずにいます。


こうやってお客様に届く味がひとつくらいあってもいいかと思っています。